• ホーム
  • イトリゾールの効果とは?

イトリゾールの効果とは?

きれいな脚

イトリゾールは皮膚に感染する真菌の治療に使用される医薬品で、イトラコナゾールを主成分として病院で処方されています。
真菌とはカビの一種で、人間の皮膚や内臓に寄生し繁殖することで様々な障害を起こします。
主に足に発生する水虫は白癬菌と呼ばれる真菌が原因となるため、真菌性感染症の中では最もポピュラーな症状と言えます。
イトリゾールはそうしたカビによる感染の治療に用いられ、真菌の細胞膜となるエルゴステロールを破壊することで育成を抑制し、破壊する作用を持っています。
抗真菌薬としては広い抗菌スペクトルを持つトリアゾール系に属し、水虫を中心にカンジダ、クリプトコックス、アスペルギルスなどの症状に対応しています。

水虫の治療薬というと、ドラッグストアでも販売されクリームや軟膏、スプレーなどが思い浮かびますが、イトリゾールは外用薬ではなくカプセルや内用液といった内服薬で用意されています。
そのため、服用することで全身に有効成分が作用し、表在性皮膚真菌症をはじめ、呼吸器や消化器に感染した症状も治療することができます。
水虫の中では治療が難しいとされる爪水虫にも対応し、体内から有効成分が作用することによって真菌を殺菌的に退治してくれます。
イトリゾールは血中濃度半減期が24時間と長めで、感染病巣の細胞に移行して長期的に留まることが知られています。
薬剤の効果がしっかりと残るため、毎日のように服用する必要がないことから、パルス療法と呼ばれる服用方法が採られています。
パルス療法は1週間だけ服用し、その後3週間を休薬として3ヶ月間、合計3回のサイクルを繰り返すことで治療が完了するというものです。
面倒に思えますが、本来なら半年間は毎日飲む必要のある治療薬のため、大幅な短縮ができて高い効果を発揮するため役立つ方法として採用されています。

人気記事一覧