• ホーム
  • イトリゾールで水虫が完治できたかチェック

イトリゾールで水虫が完治できたかチェック

水虫は長年にわたって患う人が多く、治らない病気と考えられがちですが、正しく薬を使えば完治させることが可能です。
水虫の原因は白癬菌というカビ(真菌)の一種で、現在では殺菌作用の強い抗真菌薬が開発されています。
抗真菌薬にも塗り薬と飲み薬がありますが、イトリゾールは飲んで治療するタイプの水虫薬です。
皮膚の深いところまで入り込んで、塗り薬が効きにくい水虫には、イトリゾールで体内から治療するのが有効です。

イトリゾールは長い間体内に留まって作用するという性質があります。
これを利用して、パルス療法という治療法が用いられます。
パルス療法は1週間続けて薬を飲み、次の3週間は薬を飲まずに様子を見ます。
これを3~4回繰り返すことで、完治させるという治療法です。
薬の量を減らせるので、副作用のリスクも小さくなる点がメリットとされています。
しかし投薬のスケジュールは、医師の指導に従って管理しなければなりません。
指示を守らず勝手に薬を中断すると、治らなくなる場合もあります。
なおイトリゾールは妊婦には使用できません。
また肝臓に負担をかけることがあるため、定期的な検査が推奨されます。

白癬菌はどこにでも存在する真菌です。
水虫の患者が家庭内に一人いると、畳や足ふきマットを通じて、感染が広がっていく可能性があります。
また一度完治しても、不潔にしていると再感染する恐れがあります。
家の中はこまめに掃除し、風通しを良くして菌が繁殖しにくい環境を作ることが大切です。
また患者が使ったスリッパやタオルを共用しないように注意します。
完治したと思っても油断せず、定期的に足の指の間などをチェックし、外用薬を塗っておくと再発防止になります。